Mノート



LVMH ティファニー買収撤回
更新日: 2020-09-15 17:42:34
LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは9日、米宝飾品大手ティファニーを160億ドル(約1兆7000億円)で買収する合意を撤回すると発表
もくもく
ティファニー 買収撤回 LVMH +
米国の「報復関税」を口実に買収中止を決断
LVMHは仏政府の要請前から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴うティファニーの業績悪化を受けて買収に及び腰だった。LVMHは2019年11月に1株あたり135ドル(約1万4000円)、総額160億ドル(約1兆7000億円)でティファニーの買収を発表したが「割高な買い物」だったと後悔し始めていたという。そこに降って湧いた米政府の報復関税と仏政府からの延期要請を「渡りに船」とばかりに撤退の口実にしたとティファニーはみている。
出典:https://maonline.jp/articles/tiffany_loses_to_vuittons_diplomacy200914
 
コロナ禍は「MAE条項」の対象となるか?
コロナ禍による業績の落ち込みがMAE条項を行使する条件になるのかが、今回の裁判の争点となる。2018年にMAE条項による合併契約の取り消しを認めたデラウェア州の判例(Akorn v. Fresenius 判決)では、「商業上合理的な期間(数ヶ月ではなく数年)にわたって対象会社の長期的な収益に影響を生じさせるか」が重要な判断要素であるとしている。
出典:https://maonline.jp/articles/tiffany_loses_to_vuittons_diplomacy200914?page=2
 
LVMH、ティファニー買収を撤回 コロナ後の世界が見えない?
LVMH、ティファニー買収を撤回-米関税などが理由
出典:https://news.yahoo.co.jp
 
フランスの高級ブランドグループ、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは9日、米宝飾品大手ティファニーを160億ドル(約1兆7000億円)で買収する合意を撤回すると発表した。米国が仏製品に関税をかける動きを理由に挙げた。「ティファニー」は世界におよそ320の直営店を構えており、その93店が米国内にある。
一方ティファニーは、LVMHが契約を履行し買収を完了することを求めて同社を米デラウェア州の裁判所に提訴したことを明らかにした。
出典:https://www.bloomberg.co.jp/
 
LVMH is pulling out of its acquisition of Tiffany.
LVMH scraps $16.2 billion deal with Tiffany
出典:https://www.cnbc.com/2020/09/09/lvmh-scraps-16point2-billion-deal-with-tiffany.html
 
The coronavirus pandemic has hit the luxury retail sector hard, throwing the deal into doubt.
a radically different business outlook.
The largest-ever deal in the luxury sector has become the most high-profile example of how transactions agreed before the coronavirus pandemic have soured amid a radically different business outlook.
出典:https://www.ft.com/content/a3dcc777-ab12-4ee9-a147-54de1ac0f7e7
 
LVMH’s blockbuster takeover of Tiffany imperilled as France intervenes
参照
穏当かつ論理的な戦略でいく
ティファニーを買収したLVMHアルノー会長インタビュー 「私はティファニーを深く敬愛している」
出典:https://www.wwdjapan.com/articles/984213
 
「私は『ティファニー』を深く敬愛している。長い歴史を誇るアメリカのラグジュアリーブランドであり、そうした意味では唯一ともいえる存在だ。ブランドを次世代に向けて磨き上げるのは時間が掛かるものだが、米国で上場していると短期的に利益を出すことを強く求められる。もちろん私も利益を上げたいと思っているが、ブランドの魅力を最大限に引き出すには長期的な視点が必要だ。10年後にブランドがさらに発展しているようにするには何をするべきなのか。それをしっかり考えて行動すれば、利益は後からついてくる。経済的な成功はあくまでも結果であり、それが目標ではない」
米国内のほかの店舗も改装したほうがいいかもしれない。どのブランドもそうだが、『ティファニー』にも改善すべきところがたくさんある。当社が擁する『ブルガリ(BVLGARI)』も全面的に改装して、以前よりもずっと魅力的になった。われわれは、こうしてブランドをいっそう輝かせることができる
出典:https://www.wwdjapan.com/articles/984213
 

コメント